利尿剤を処方して貰いたい場合、何科にいけば処方して貰える?

何科で利尿剤は処方される?

何科で利尿剤は処方される?

利尿剤はむくみを解消することができます。では、何科を受信すれば処方してもらえるのでしょうか。まず、むくみが気になる人は一般的な内科にかかりましょう。

そこで利尿剤を出してもらえることもあります。また、原因によってもっと専門の病院を受信する必要があるため検査などを行い結果によって、必要な専門の病院を紹介してもらえたりします。

それでは、どんな病気やそれによってどの病院を紹介されるのでしょうか。

尿にたんぱくが出ている人は腎臓の病気が疑われるため、腎臓系や循環器系の専門病院を紹介されます。そちらで状況に応じて利尿剤を処方されることがあります。

心臓の病気で血液の流れが悪くなり、むくみが生じていることもあります。心臓の病気が疑われた場合は心臓系や循環器系の病院を紹介されます。そちらで状況に応じて利尿剤が処方されることがあります。

採血で血液中のアルブミンの数値が低すぎたり、超音波の検査で肝臓機能に問題があれば、消化器系の病院を紹介されます。そちらで状況に応じて利尿剤が処方されることがあります。

足の静脈がつまってしまう、下肢静脈瘤は静脈の弁が機能しなくなり、心臓に血液が戻れなくなるため血液がたまり、むくみに繋がります。この場合は、状況によって血管外科で手術を行うことがあります。

飲んでいる薬によってむくみが出るケースがあります。その場合は主治医にむくみについて相談してみましょう。副作用などでむくみが生じてしまっていることがあります。薬があわない場合は薬を変更することによってむくみが解消されるため、他の薬にかえるだけで解決できる場合もあります。

むくみはいろいろな病気から起こる症状のため、原因はいろいろです。まずはいろいろな検査を行ってどのような治療が必要か原因をしっかり調べた上で必要なら薬を出してもらうことが大切です。

今まであげたいろいろな科でもらうことが出来ますが、症状や原因によって適切に処方してもらう必要があります。病気や状態によって使い方や使う量などもかわってきますので、医師にしっかり相談して必要に応じて適切な量を使用しましょう。

美容目的で利用したい人は病院では薬を出してもらえない場合もあります。ネットなどで購入して利用することもできますが、体によくない作用をもたらすこともありますので注意が必要です。

使いすぎによって低カリウム血症を引き起こしてしまう場合もあります。リスクを考えて医師にしっかり相談して利用することだ大切です。